MENU

VIOラインとは?

ではここで、VIOについて、丁寧に説明しておきます。

 

Vラインとは、パンティーラインに沿ってV字になったライン部分を意味します。

 

体を正面から見た時、アンダーヘアが三角形に生えていて、上と両側をVライン、内側をトライアングルと呼ぶ脱毛サロンが多いようです。

 

この部分は、水着を着る時に注意しておきたい部分です。

 

アンダーヘアがはみ出してしまっては、せっかくのかわいい水着が台無しです。

 

Iラインとは、VとOの間の、性器の横の縦の部分を指します。

 

Oラインは、肛門の周りを囲む円形の部分です。

 

この部分はいわゆる粘膜なので、皮膚が薄く、非常にデリケートです。

 

なので、脱毛サロンによっては、この部分の施術を行っていない店舗もあります。

 

しかし、キレイモでは粘膜部分も含めてすべての脱毛施術ができますし、アリシアクリニックでは、Iラインスムースプランという、粘膜部分全ての施術が可能なプランも用意されています。

 

処理が難しいIOラインですが、夏場は蒸れの原因になるので、施術を行っておいた方が、デリケートゾーンを清潔に保てます。

 

デリケートゾーンの自己処理を続けていると、摩擦や傷などによって色素沈着を起こし、黒ずみが生じてしまうことがあります。

 

また、単純に毛を剃っただけでは、毛が徐々に伸びてくる間、チクチクと痛みを伴い、下着からアンダーヘアがはみ出して恥ずかしい思いをすることがあります。

 

このような事態を避ける意味でも、ハイジニーナ脱毛は効果が高く、非常に需要があるのです。

 

施術を受けるのは恥ずかしいですし、確かに勇気もいりますが、その分スッキリと過ごせるようになるので、女性にはお勧めの脱毛です。

 

 

Vラインの人気の形ってどんな形?

先ほど少し指摘しましたが、VIOの脱毛をする場合、どういう形にアンダーヘアを残したいのか、その形を指定することが出来ます。

 

IOラインは全て脱毛してしまうのが一般的ですが、日本ではVラインにはある程度毛を残す方も多くいらっしゃいます。

 

では、皆さんどのような形にアンダーヘアを整えているのでしょうか?

 

一番人気なのは、逆三角形です。

 

ナチュラルな形ですし、少し小さめにヘアを残すことで、下着やビキニからはみ出すことなく、自然なデリケートゾーンになります。

 

また、楕円形、いわゆるオーバルにヘアを残す場合や、長方形に残す場合があります。逆三角形のトライアングルより、ヘアの面積が小さいので、面積の狭い下着類も着用が可能になります。

 

他にも、あえて可愛らしいハート型にアンダーヘアを整える方もいらっしゃいますし、毛をすべてなくしてしまうハイジニーナという選択をされる方もいらっしゃいます。

 

 

アンダーヘアーの脱毛で聞くハイジーナって何?

ハイジニーナは、日本では、恐らくまだなじみが薄いかと思われます。

 

けれど、欧米ではハイジニーナ脱毛が一般的なのです。
アンダーヘアがなければ蒸れませんので、デリケートゾーンを清潔に保てるのです。

 

また、完全に毛をなくしてしまうのではなく、何度か光を照射することで、全体的に毛を薄くすることもできます。
VIO脱毛は、とても選択の幅が広く、自由が利く脱毛法なのです。

 

 

 

VIO脱毛経験者20名の方にアンケートを取ってみました。

 

すると、20名中14名の方が、小さめのトライアングル型を選択したと回答されました。また、5名はVIOすべての毛をなくすハイジニーナ脱毛を、残り1名の方は、全体的に毛を薄くする施術を受けられています。

 

以上のことから、ナチュラルなデリケートゾーンに仕上がる、小さな逆三角形型に整えるアンダーヘア脱毛が人気なのが分かります。

 

 

 

VIO脱毛の痛みについて

 

VIO脱毛で気になるのは、施術を受ける際の痛みです。

 

今回は、ミュゼプラチナムと銀座カラーで行われた脱毛の口コミをもとに、痛みに関してまとめてみました。

 

 

 

ミュゼプラチナムの場合

 

Vラインの施術は、殆ど痛みは感じなかったようです。IOラインは、ほんの少しチクッとするような痛みがありましたが、常にではなく、時々感じる程度の痛みでしたので、我慢することが出来たそうです。VIOの施術の中で一番痛みを感じたのは、意外にもトライアングルの上の部分で、針で刺されるようなチクチクする痛みを感じるようですが、我慢できないような痛みではないそうです。

 

また、別の口コミでは、どの部分の施術も痛みを感じたというケースもありましたが、やはり我慢できないような痛みではなかったようです。

 

銀座カラーの場合

 

こちらの口コミは、痛みを感じたというケースは少ないようです。痛みの程度は、10段階で表すと、だいたい3~4程度で、ゴムで弾かれているような感覚だったそうです。施術中ではなく施術後の方が、熱を持ってジンジンするように感じたとのことでした。

 

VIO脱毛の恥ずかしさ

 

VIOは、施術してもらうのが最も恥ずかしい場所だと思います。
見られるのも恥ずかしい部分ですし、施術を受けるのにも勇気がいりますよね?
特に何も身に着けない状態での施術は、恥ずかしいですよね?

 

ですから、脱毛サロンなどでは、紙製のディスポ―サルショーツが用意されているところもあります。
これを身に着けていれば、水着を着ている感覚とそう変わらないと思います。
また、少しでも恥ずかしさを軽減するため、片足ずつくの字に曲げて施術してもらうので、恥ずかしさも思ったほどではありません。

 

脱毛は、永遠に続くわけではありません。
何も処理しないまま、プールで水着からアンダーヘアがはみ出している方が、ずっと恥ずかしいと個人的には思います。
VIO脱毛は、一度処理するとデリケートゾーンのかゆみなどのトラブルもかなり軽減されます。

 

悩んでいらっしゃる方は、是非勇気を出して、脱毛サロンを訪ねてみてください。

vio 脱毛 おすすめ サロン

vio 脱毛 おすすめ サロンサロン

vio 脱毛 おすすめ サロンしたい脱毛サロンの特徴

vio 脱毛 おすすめ サロンマンガ連載中!

短期間でvio 脱毛 おすすめ サロンを感じたいなら